BLOG

株式会社キティー・ブログ

食品事業部の営業担当者、バイオ事業部の研究員が更新するブログです。
おいしいものや、乳酸菌の情報を発信していきます!

27

2021-04

新型コロナウイルス変異株とは

出来事

こんにちは。

KT-11研究員です。

さて、今回は新型コロナウイルスの変異について。いま、国内を席巻しているのは、従来の新型コロナウイルスの変異株と言われています。

コロナ変異種、ウイルス突起分子に変化...感染速度は従来の1・7倍か ...

この変異株の特徴は、感染力が強いこと。

感染力が強いということは、ヒトの細胞が持つ受容体とウイルスの親和性が高いということになります。

一方、感染力が強いこと=ウイルスの毒性が強い、ということではないですね。

大阪大学の松浦善治教授が興味深い話をしています。

松浦善治教授に聞く(1)「新型コロナについて何がわかってきたか」 | RIMD'S(りむでぃーず)研究者たちの素顔 | 大阪大学微生物病研究所 RIMD 文部科学省共同利用・共同研究拠点 (osaka-u.ac.jp)

2003年のサーズや2012年のマーズがすぐになくなったのは、毒性が強かったからだそうです。

毒性が強いと、感染した人は重い症状が出て安静にし、あちこち動き回って他の人にうつすことがないから、早く終息するのですね。

しかし、今回の新型コロナウイルスは感染しても元気なままの人が多い。特に若い人は症状が出ずに動き回り、感染源になっています。無症状や軽症で済むならばたいしたウイルスではないのですが、お年寄りや基礎疾患のある方など感染者の約2割は重症化するため、対策が必要です。

以上、引用終了

現在、新型コロナウイルスの変異株は大阪を中心に急激に国内で広がっています。

つまり、感染力が強いが、毒性がそれほど高くないためと考えられます。

今後の動向が気になります。