BLOG

株式会社キティー・ブログ

食品事業部の営業担当者、バイオ事業部の研究員が更新するブログです。
おいしいものや、乳酸菌の情報を発信していきます!

13

2021-05

平日の鎌倉

5月は私の父の命日で、今年で丸33年経ちました。

月日が経つのは早く、そろそろ私の年が父の亡くなった54歳に近づいており、健康にチョットだけ気を使う?ようになってきました。

母が妻に、あなたの年に私は未亡人になったのよ!

そんな母は、80歳を過ぎてもコーラスなどなど元気で人生を楽しんでいます。

仮に父が健在だったら、どんな人生だったのか?私も含めてですが、今の状況ではなかった気がします。それだけ、父と言う存在は大きいと感じたお休みでした。

いつも、土日に墓参りに行くのですが命日に特に仕事の予定がなかったので、急遽お休みを頂き、初めて命日にお墓がある鎌倉霊園へ行きました。

天気も良く、気持ちの良い日でした。

72EDEF58-688B-435B-93F9-22143AFB9CE8.jpegEEBBCBD8-075E-4082-A00F-68C7F90C73CD.jpeg

鎌倉霊園は、元セゾングループの堤家のお墓があり、昔は毎日社員が墓守をしていたとか。

父がいなくなって33年も経過してますが、いろいろな事は忘れているのですが、その時の状況はまだ鮮明に覚えているのは、感情的にも刺激が強かったのかもしれません。

チョットでも思い出すと、ウルウルとしてしまうのは変わりません。

平日の鎌倉は、かなり久しぶりだったので、少し散策。

鶴岡八幡宮は、小学生が社会見学で少し賑わっていましたが、コロナの影響もあり、人手は少なめ。

狛犬もマスクでお出迎え。

DFC04CCC-D1A1-44DC-AFFE-C519617B07B2.jpeg

人も少なく、のんびりとお参りが出来、日々のバタバタ感が全くなく、非日常を満喫。

E27BC064-E477-43DA-9A00-FF09404401CE.jpeg8708E78D-B665-41BC-996E-3450C4393110.jpegBF5FF39A-1C38-4A75-B361-A22A1E4353EB.jpeg

鶴岡八幡宮は、源義経の京都の石清水から始まり、頼朝が鎌倉に移し勝利の神として祀っています。

キティーもコロナに負けず勝つことを神頼み。

お昼は、チョット贅沢に鰻重を頂きました。

お店は、鳩サブレの本店の近くにある、茅木屋さん。

2737A6AA-D8FC-4598-A718-C99C1D56AA3D.jpeg

昔からの老舗です。

鰻重と肝吸を注文。

6807C917-E1BB-4B91-9E2C-39C46F971E27.jpeg5F3D09DC-33A7-4802-8E64-AFBF74DEF1FF.jpeg

身はふっくらでとても美味しい。

うなぎは、大好物で最後の晩餐で食べたい食事の一つです。

50近くになっても、母から見たら私は息子で、いつもご馳走になってしまいます。

私もご馳走出来るのですが、母はその言葉は嬉しいみたいですが、プライドが許さないようです。

親からみたら子供は何歳になっても子供だそうです。

親には頭が上がりません。

07

2021-05

SDG's

最近よく耳にする言葉『SDG's(エスディージーズ)』テレビのバラエティーでも取り上げられています。

持続可能な開発目標として、2015年9月に国連サミットで採択され、2030年までに達成するために掲げた目標。

って事は、すでに6年前にスタートした事業。

17の目標に分けて、それを細分化して169のターゲットにしたものがあります。

環境問題、人種問題、教育問題など幅広い目標設定がされています。

最近ジャケットの襟に17色の丸いバッチをつけている人を多く見かけますが、それがSDG'sを心がけていますよ・・・という証。

17項目の内、環境問題は地球温暖化や植林の伐採などで多くの企業やボランティアで取り組みが進められています。

今後、環境に集中して投資をしていく企業が強くなるとも言われており、大手中心に投資が活発になっています。

身近な例をあげるとペットボトルの再利用やプラスティックごみの削減がその一例になります。

当社はこのSDG'sを特別意識をしている訳ではありませんが、なるべく未使用な資源を使った開発を心がけています。

例えば、梅ソフトや梅ソフトのめぐみは、産業廃棄物として捨てられた梅酢を利用したお肉の軟化調味料。

当社では、年間数十トンの和歌山県の梅酢を使用しています。

また、乳酸菌KT-11を培養に使用している培地は、焼酎カスを利用したりと、少しでも環境に役に立つ商品つくりをしています。

課題は、未利用の資源はそのまま使用できず、使用できるレベルまで加工しなおす事で通常の原料を使用するよりコストが高くなる点です。

良いものを安く提供する目標、環境に配慮した原料でのコスト増をどうカバーしていくかが、企業努力になってきます。

これからSDG'sの認知があがり、それに見合うコストが反映されて、持続的に企業も活動出来る状況になる・・・この理想を現実にしていくには、社会全体の取り組みが本当に必要ですね。

さて、そんな梅酢を原料にしている『梅ソフト』で連休中に唐揚げ作り。

IMG_E7285[1].JPG

イオンで購入したタイ産の鶏モモ肉を使用

IMG_7934[1].JPG

子供の日なので鯉のぼり仕様!!

一袋を100ccの水で梅ソフトを溶かして、鶏肉をボールで漬け込み。(今回は3時間程度・・・その間にちょっとお昼寝zzzz)

IMG_7937[1].JPG

今回は、以前タイに出張した際にスーパーで購入した、タイのから揚げを使用。

IMG_7935[1].JPG

使用方法は親切にタイ語と英語のダブル表記になっていたので安心!

IMG_7938[1].JPGIMG_7940[1].JPG

唐揚げ粉を水で溶いて、その中に梅ソフトに漬け込んでいた鶏肉を絡める。(だいたい15分ぐらいそのままにしておきました。)

IMG_7941[1].JPG

あとは、中火の油で5分~6分揚げて出来上がり。

IMG_7942[1].JPG

衣はサクサク、中はしっとりジューシーに出来上がりました。

家での食事が多くなり、この機会に料理をする人も増えてきています。

ぜひ、一度この梅ソフト・・・使ってもらってファンになって頂きたい。(環境にも貢献)