BLOG

株式会社キティー・ブログ

食品事業部の営業担当者、バイオ事業部の研究員が更新するブログです。
おいしいものや、乳酸菌の情報を発信していきます!

11

2020-12

博多の美味しい食事

冬の博多には、美味しい食材がたくさん。

コロナ禍の中、本来なら予約をしないと入れないお店も普通に入る事ができます。

昨日は、創作料理のお店で窯焼きが売りの『八喜多賀』さんで食事をしました。

まずはお通し3種

E322DCE1-2CC5-4EB8-828E-F62EA276088E.jpeg

それぞれの名前を聞きましたがすっかり忘れてしまいましたが、手前が洋梨とマグロのコンフィ、奥がポタージュ、左上が。。。。。

次に頂いたのは、ボタンエビの沖漬け。

E8C430D7-C304-4973-BB0D-B1F3C6E21CE0.jpeg

明太子の風味もあり、えびのミソと良く合います。

ウニのハマチ巻き

EBC8AEEB-C76E-4DDC-8DFA-2369CEA21680.jpeg

少し甘めのミソのダレとの相性が良く、ゴマ鯖を頼むとミソダレですが、ウニとの相性も良いです。

ナマコの薄作り。

7E83782F-E091-4D4D-9CC8-EDF8DD0EDBD5.jpeg

ナマコは久しぶり頂きましたが、このコリコリとした食感がたまりません。

よだれ鶏ならぬよだれモツ。

6FC15256-0EC6-4F06-A740-6728FD0C7290.jpeg

牛モツをサッと茹でて、辛味ソースで和える逸品。モツの臭みもなく、このソースが美味しい。

ここで糸島豚の窯焼き。

6C2A88B0-FA67-4B72-9AE6-82D38A403159.jpeg

ゆず、岩塩などお好みに味つけで食べますが、豚肉はやわらかい。また、付け合わせの野菜も程よく焼けて甘みが引き立ち、美味しい。

更にフグの窯焼きも。

B0AC9D48-1603-47F2-A85D-7EE214105C64.jpeg

西京漬けを窯焼きにしており、味付けも上品です。

ここで箸休め?ゴマ鯖と馬肉の生春巻きの雲丹のせ。

E344061D-BD58-459C-A5F1-5F437A4A20F4.jpeg38E0E4A1-0C89-4284-98B1-CD351D8BB45D.jpeg

最後にアワビと白子。。。名前を忘れてしまいましたが、兎に角うまい。

7E27C9BC-C7B2-4535-AE88-D0EC002B9D87.jpeg9D47D406-B6CF-4D27-9F46-CFBB4AAD347F.jpeg

美味しい日本酒との組み合わせで、若干食べ過ぎましたが、至福のひととき。

福岡は、食材の宝庫ですね。