BLOG

株式会社キティー・ブログ

食品事業部の営業担当者、バイオ事業部の研究員が更新するブログです。
おいしいものや、乳酸菌の情報を発信していきます!

22

2020-05

梅ソフトが出来るまで

食品原料主体で開発した果実調味料『梅ソフト』

当社は、果物に多く含まれる有機酸が保湿効果に優れている点に着目して、いろいろな果物を使って商品開発をしています。

そんな中、果物原料の高騰だけでなく天災による不作などで安定した原料が調達できなくなるなどの問題が出始めました。

そこで、未利用の資源で何かないかと探した時、梅干しを作る際に副産物として出る、梅酢に着目し、原料として使えないかと開発をスタート。

梅酢は生梅に食塩を振りかけた際に出てくる、果実のエキスでそのほとんどが廃棄されています。

梅酢には、クエン酸、リンゴ酸などの有機物だけでなく、お肉への保水に必要な食塩も含まれ、当初はこんな最適な原料はないかと思うほどの出会いでした。

ただ、ここで大きな問題点。

そもそも捨てられた物なので、梅をつけている環境や梅酢に含まれる不純物がとてつもない壁になり、更に農作物ならではの毎年の梅の出来栄えで決まる梅酢のバラツキ。

最初に頂いた梅酢で製品を作ったら、ヘドロのようになってしまい、製造をお願いしている会社に勘弁してよ〜とお叱りを受ける始末でした。

その後、試行錯誤し和歌山の梅干のメーカーさんの最大限のご協力も頂き、不純物を取り除いた衛生環境も整った設備で当社オリジナルの梅酢を作って頂いた結果、製品化へ。

また、せっかくなので、原料を国産にこだわり、鹿児島で作られている発酵調味料を加え梅酢と発酵調味料の酸味や味を飛ばす工夫を加えて商品化にたどり着きました。

梅ソフトには、液体とその液体を粉末にした二つのタイプの商品があります。

395AB414-A58B-40FF-A1DD-9379FB093150.jpeg3F4AD893-A61A-4EEB-A619-E221720B5324.png

それぞれの使い方は、水に薄めてその液に肉を漬け込むだけ。

味付け前の一手間でとてもやわらかいお肉に仕上がります。

詳しい使い方はこちらへ。 http://www.kitii.co.jp/food/lineup/ume-soft/

この梅ソフトは、環境問題への取り組みでも評価を頂き日食優秀素材賞や東京都の世界発信コンペティションなどの表彰を頂きました。

44677154-DD18-4C50-9411-6526AABF239D.pngF6A5CBF5-834D-4E3B-B48E-7AF3847733A7.png

この梅ソフトは、海外にも販路を広げています。

日本の素材を活用して、美味しくやわらかいお肉を食べて元気に健康になる事で社会に貢献できればと思っています。

次回は、この梅ソフトに更に改良を加えた『梅ソフトのめぐみ』をご紹介します。

コンビニのチルド麺をあまり食べないのですが、美味しいとの評判なので、セブンの豚ラーメンを食べてみました。

FCCF2611-FA6B-47FA-A3B6-B9D0575A62D9.jpeg54026519-7B4C-4114-AE1D-BD223A1033EC.jpeg

多分、かなり前に発売されて、その時は山のように棚に並んでいました。

今は、一風堂や他の商品も充実していて数は少ないですが、ロングランの商品なので売れているのだと。

もやしのボリュームとレンジにかけてもシャキシャキ感が残り、肉厚の焼き豚のクオリティも高い。

麺は太麺で濃厚なスープとよく絡み、外で食べるラーメンと遜色がない。

これで550円なのだから、お得感はあります。

ただ、家庭の電子レンジは、熱の伝わり方にバラツキがあり、お店で食べる熱々のスープには少し遠くなってしまうのが勿体なかったです。

電子レンジは奥が深い。

他のコンビニもチルドの麺類はたくさんあるので、今度、食べ比べてみたいと思いました。