BLOG

株式会社キティー・ブログ

食品事業部の営業担当者、バイオ事業部の研究員が更新するブログです。
おいしいものや、乳酸菌の情報を発信していきます!

24

2019-11

今週末は、台風の影響で関東は雨です。

今年ものこり1ヶ月になろうかと・・・そして野球の大会も終盤を迎え、この土日の雨はスケジュール的に痛い。

でも先週の台湾出張で疲れた体と内臓を休ませるには、丁度良い休日。複雑な気分です。

なので本日は、溜まった仕事を片付けつつ、ブラックフライデーから続いているバーゲンにでも出かけてみようかと・・・・

さて、先日日帰りの社員旅行を実施しました。

毎年、今年入社した新入社員が幹事となり、1年先輩がリーダーとなり企画をお願いしています。

今年は、伊勢原の野菜収穫体験とBBQそして、箱根湯本でのガラス工芸体験とお土産散策などこの季節ならではの企画でした。

IMG_5079[1].JPG

旅行のしおりも容易してもらいました。

IMG_4981[1].JPGIMG_4986[1].JPG

めずらしい野菜の収穫を体験して、そのままBBQへ

IMG_4990[1].JPG

ちょっと年齢層高めのグループ

IMG_4994[1].JPG

IMG_4992[1].JPG

梅ソフトでちょっと事前に下処理をしたくなる鶏の胸肉。

梅ソフトを持ってくれば・・・・もっとやわらかく美味しく出来たはず!

IMG_4995[2].JPG

オレンジエッグの社長に持込で富士宮焼きそばも作ってもらい、満腹状態。

IMG_4997[1].JPG

箱根湯本に移動してガラス工芸を体験。今回はガラスのマドラー作成です。

なかなか飾り付けは、それぞれの個性が出てますねぇ~~

IMG_5010[1].JPGIMG_5007[1].JPG

箱根の紅葉をバックに!

夜は、日本橋に戻り牛タンのお店で夕食をして解散。

天気に恵まれ、とても良い旅行でした。

幹事さんお疲れ様でした。

22

2019-11

本日は、第二回鳥獣対策・ジビエ利活用展(東京ビックサイト・西3~4ホール)に出展しています。

ジビエ肉(イノシシ、エゾジカなど)の利用は、国をあげての取り組みになっています。

IMG_5054[1].JPG

当社は、ジビエ振興協会さんに加入し、ジビエ肉をおいしく食べれる提案を梅ソフトを中心に取り組みをスタートさせました。

IMG_5055[1].JPG

シカのもも肉を梅ソフトに漬け込むことでやわらかく、ジューシーにそして臭みのマスキングをアピールしています。

梅ソフトを使用した鹿肉と使用していない鹿肉の食べ比べは、来場頂いた方々に好評を頂いております。

今回は、ジビエ協会さんご協力でこんな冊子も作りました。

IMG_5058[1].JPG

今日は、生憎の雨と寒さでビックサイトまで足を運ぶのは大変ですが、最終日、お越しをお待ちしております。

こんな風景です。

IMG_5056[1].JPGIMG_5057[1].JPGIMG_5059[1].JPG

ジビエを使ったソーセージ、ハム、サラミ、焼肉などなど試食も盛りだくさん!!

これからの市場の広がりに期待です。

22

2019-11

今日の22時半着の飛行機で戻ってきました。

家にたどり着いたのは、日をまたいだ金曜日。

日本は台湾と比べて寒いですが、11月も下旬を迎えようとしているのに、あまり寒さを感じません。

今回の台湾出張で学んだこと。

商品の価値をどう伝えるか。人との価格のギャップを商品の価値を通じて、どう埋めていくか。

日本国内でもいつも課題となりますが、海外になるとその差は更に広がり、その埋める価値や良さをどう分かり易く伝えて、使ってみたいと思ってもらうのか。

営業としてはとても重要で大切な事ですが、なれてしまうととても大事な事が抜け置いて入る事に気がつかなくなってしまいます。

今回の出張で錆び付いた営業手法に磨きをかけてきましたが、商品をいかにシンプルにわかりやすく、そしてその価値をストレートに伝えるかを再度、考えさせてくれた出張でした。

台湾での「梅ソフト」の認知度は、まだまだですが、SNSや地道な営業含めて短期間で誰でも知っている商品にしていく事に目標を置き、引き続き台湾市場に売り込んでいきます。

さて、昨日は台湾の焼肉屋「乾杯」で美味しいお肉を頂きました。

台北駅の2階にあるお店です。

IMG_5037[1].JPGIMG_5038[1].JPG

まずは、熟成厚切り牛タン、焼肉の盛り合わせ、そしてイベリコ豚のロース

こちらの牛肉は、オーストラリアの和牛との事。

IMG_5039[1].JPGIMG_5044[1].JPGIMG_5041[1].JPG

なかなか美味しいお肉です。

乾杯名物のグラム売りのリブロース。(いきなりステーキの焼肉バージョン)

IMG_5040[1].JPGIMG_5043[1].JPGIMG_5046[1].JPGIMG_5047[1].JPG

なかなかのボリュームです。

そして店員さんが焼いてくれます。

IMG_5048[1].JPG

焼き網を占領するほどの大きさです。

こういったサービスとシチュエーションも焼肉屋でもありだと思いました。

店内はにぎやかでとても元気のあるお店でした。

ちょっと価格は高めですが、それを感じさせない商品の価値とサービスをうまくお客様に伝えているからこそです。